2019年05月28日

海の上を歩く@明石海峡大橋

明石海峡大橋の海上ウォークに参加しましたぴかぴか(新しい)
神戸・舞子側から対岸の道の駅あわじまで、約4キロの道のりを1時間ちょっとで歩くイベントです。

車では何度も渡ったことのある明石海峡大橋ですが、改めて間近で見ると圧巻目

CIMG1939.JPG

CIMG1941.JPG

歩くことのできる管理路は普段車が走っている道路の下にあるのですが、そこまで階段であがりますたらーっ(汗)
既に軽く息が切れ、ちょうど良い準備運動になりました(笑)

CIMG1946.JPG


シャッターが開いた先には一直線に伸びる管理路がひらめき

CIMG1949.JPG

グレーチングの隙間から海が丸見えでなかなかの迫力ですダッシュ(走り出すさま)
(迫力ありすぎて、隙間からの写真はありません(笑))

CIMG1952.JPG

CIMG1961.JPG

当たり前ですが本当に海の上です。一番高い所で海面から60メートルほどとのことがく〜(落胆した顔)

CIMG1964.JPG

CIMG1965.JPG

海面の見える足元が怖いので、ピースサインはしてみたものの、顔は引きつっています手(チョキ)ふらふら
でも、管理路は風通しが良いのでとても涼しく、最高に気持ちよかったです晴れ

CIMG1967.JPG

CIMG1973.JPG


約1キロごとの休憩を挟みながら徐々にゴールに近づき、道の駅あわじの広場が見えましたexclamation
この頃になって、ようやく少しだけ笑顔の余裕が出たでしょうか・・・あせあせ(飛び散る汗)

CIMG1979.JPG

CIMG1983.JPG


ゴールの道の駅あわじに到着し、ゼッケンに完歩証のスタンプを押してもらい、ひと安心わーい(嬉しい顔)

MX-2514FN_20190528_090358.jpg

CIMG1986.JPG

帰りは岩屋港から高速船ジェノバラインに乗って帰ってきました船

CIMG1989.JPG

年数日のイベント時にしか歩いて渡ることのできない明石海峡大橋。
スリルはありましたが、最高の天気に恵まれ、良い経験でしたひらめき




 

位置情報山崎法務事務所
神戸市東灘区田中町1丁目12番3号
TEL:078−451−0309
JR摂津本山駅よりすぐ 
エニタイムフィットネス摂津本山店向かい) 
2Fの青い看板が目印です
 

posted by 山崎法務事務所 at 11:13| 日記

2019年05月21日

KOBE夢太鼓@第49回神戸まつり

5月18日・19日は第49回神戸まつりが開催されていました。18日は各区でのイベント、19日がメインフェスティバルでした。

神戸まつりのメインフェスティバルと言えば「サンバ」のイメージなのですが、もちろんサンバ以外にも三宮〜元町の一帯でさまざまなイベントがあります。
その中で、和太鼓を中心とした『KOBE夢太鼓』のステージへるんるん

IMG_20190519_122337.jpg

IMG_20190519_124814.jpg

途中、別のステージで友人の出番があったのでそちらへ。
木村優一さんの和太鼓演奏と、和太鼓教室の生徒さんとの共演ステージですわーい(嬉しい顔)

IMG_20190519_150133.jpg

その後、松村組の和太鼓演奏があるため、またKOBE夢太鼓のステージに戻ったのですが、松村組は写真・動画撮影禁止とのアナウンスがあったため、写真はありません・・・もうやだ〜(悲しい顔)
しかし、迫力満点の演奏を近くで見ることができて大満足ですひらめき

フィナーレは合同演奏。大勢集まると、なお一層迫力がありましたグッド(上向き矢印)

IMG_20190519_162233.jpg

ふと神戸まつりについて調べてみると、「神戸まつり」としては昭和46年誕生で祭りとしては比較的歴史が浅いのですが、そのルーツのひとつは80年以上前に開催された「みなとの祭」だそうです。そこに、昭和42年開催の「神戸カーニバル」が合わさって「神戸まつり」に発展したとのこと。
「みなとの祭」という市民創造型の新しいタイプのまつりにルーツがあるため、他の伝統的な祭りとは違って市民参加のまつりであるという原点に立って開催されているようです。
回を重ねるごとにさらに盛り上がってくれると良いですね。




 

位置情報山崎法務事務所
神戸市東灘区田中町1丁目12番3号
TEL:078−451−0309
JR摂津本山駅よりすぐ 
エニタイムフィットネス摂津本山店向かい) 
2Fの青い看板が目印です
 

posted by 山崎法務事務所 at 10:47| 日記

2019年05月16日

秘密の楽園で中華@鷹楽園

知る人ぞ知る(?!)築50年超のマンション一室の中華料理店、『鷹楽園(おうらくえん)』へ行ってきましたわーい(嬉しい顔) 
先日のブログ記事
は「楽園」でしたが、今日は「楽園」です。楽園続きです(笑)

こちらの鷹楽園、せいぜい2〜3組で計10名程度しか入れませんので、日によっては予約を取るのも困難ですあせあせ(飛び散る汗)

建物の入り口と、二階にあるお店の入り口はこんな感じですので、初めて行くと若干(かなり?)衝撃を受けますどんっ(衝撃)

1.jpg

3.jpg

でも、店内に入ってしまえば(靴を脱いで入ります)ソファーで寛げるテーブルが用意されていますので、入り口で受けた衝撃が少し緩和されます(笑)

4.jpg

ドリンクは冷蔵庫に用意されており、セルフサービスです。
ちなみに、ソフトドリンクは無料ですひらめき

5.jpg

料理はおまかせコースのみ。
ボリュームたっぷりで出てきます。写真を撮り忘れたのか、飲みすぎて誤って消してしまったのか、全部の写真は揃っていないのですが、それでもこんなにあります目
料理を食べ始めるとそれまでの衝撃はきれいに消え去り、皆「美味しい美味しい」と食が進みますグッド(上向き矢印) もちろんお酒も進みますビール

7.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

ウイグル風チキンは見た目通り、涙なしでは食べられない辛さですがく〜(落胆した顔) でも美味しい!
化学調味料などを使われないそうで、すべての料理に素材の味が生きています。だからいくらでも食べられるのですねぴかぴか(新しい)

こちらのマンションの一階には、加集製菓店というかわいらしい焼き菓子屋さんがあり、女性に人気のようです。

2.jpg

花隈のモダン寺(本願寺神戸別院)前という普段あまり足の向かないエリアなのですが、最近はこのあたりに魅力的なお店が増えているそうで、今後もまだまだ楽しみでするんるん




 



位置情報山崎法務事務所
神戸市東灘区田中町1丁目12番3号
TEL:078−451−0309
JR摂津本山駅よりすぐ 
エニタイムフィットネス摂津本山店向かい) 
2Fの青い看板が目印です
 


posted by 山崎法務事務所 at 11:15| 食べ歩き

2019年05月14日

船屋形@相楽園

相楽園の重要文化財『船屋形』の内部公開がありましたので参加してきましたわーい(嬉しい顔)
江戸時代に河川の遊覧に使っていた川御座船の居室にあたる屋形部分だけを陸揚げして保存したものなので、『屋形船』ではなく『船屋形』と言われるそうです。

24.jpg

26.jpg

25.jpg

この内部公開は応募者多数のため抽選となったようですが、運よく当選していましたひらめき

1グループ20名で1時間の見学。船屋形は2階建てになっており、10名ずつ各フロアに分かれて見学します。一度に大勢が入ると壊れる可能性があるので少人数で・・・とのことでしたたらーっ(汗)

まずは一階。天井が低く、少し窮屈ではありますが、全て漆塗りの上、金箔が使われているなど華やかな感じがしますぴかぴか(新しい)

1.jpg

30.jpg


天井の漆塗りは、江戸時代に塗った箇所と昭和になって塗った箇所とで色合いが違っているというのも印象的でした。

27.jpg

10.jpg

次に二階へ。

29.jpg

解説員の方が分かりやすく丁寧に説明してくださいます。

4.jpg

床が一段高くなって床の間が付いているのが「上段の間」。そこは殿様がお座りになる所だそうです。その前に船頭さんが座る「床机の間」、後ろにお供の部屋「次の間」があります。

12.jpg

31.jpg

一通り内部の説明をお聞きしてから再度外観を見てみると、より構造が分かりやすかったです。

13.jpg

14.jpg

見学は午後からでしたので、午前中には、まず、これまで行ったことのなかった『北野公房のまち』に立ち寄り、その後スペイン料理でお腹を満たしておきました手(チョキ)

21.jpg

22.jpg

23.jpg


充実した一日でしたるんるん





 

位置情報山崎法務事務所
神戸市東灘区田中町1丁目12番3号
TEL:078−451−0309
JR摂津本山駅よりすぐ 
エニタイムフィットネス摂津本山店向かい) 
2Fの青い看板が目印です
 

posted by 山崎法務事務所 at 11:26| 日記

2019年05月10日

窯元から蔵元へ?!

先日の記事“平成から令和への私の10連休備忘録”でも少し触れまたが、10連休中に丹波篠山の丹波焼(立杭焼)の里へ行きました。さすが「里」というだけあって、窯元が軒を連ねている上、「陶の郷」という施設などもあり、どこもかしこも丹波焼exclamation×2

1.jpg

5.jpg

28.jpg

29.jpg

30.jpg

34.jpg

明治時代に築窯された最古の登窯は、イベント時のみ火を入れるそうで、貴重な機会なのでしっかり見学してきました目
最高温度は1300度にまで達するとのことexclamation

14.jpg

17.jpg

22.jpg

19.jpg

丹波焼も良いのですが、途中、『秀月』という銘柄のお酒が並んでいるのを発見し、「これはわーい(嬉しい顔)ひらめき」と、行ってみました。狩場一酒造という蔵元です。
酒販店さんとは取引されておらず、お土産屋さんに置く程度でしか販売されていないとのこと。そこにも魅力を感じました。
たくさん試飲もさせて頂き、良い感じに時間も潰すことができましたグッド(上向き矢印)

9.jpg

お昼はねじき蕎麦時夢館という蕎麦屋さんへ。
たくさんの人で待ち時間も長かったのですが、店のご主人が丁寧な方で、店の外まで出て来て「遠い所からありがとうございます」「お待たせしてすみません」と何度もおっしゃっていたのが印象的でした。

37.jpg

38.jpg

39.jpg

41.jpg

40.jpg

ということで、窯元巡りに行ったはずが、買ってきたお土産は蔵元のおすすめぴかぴか(新しい)

43.jpg

このお酒を頂くための丹波焼のお猪口ぐらい買ってきても良かったですね・・・(笑)




 



位置情報山崎法務事務所
神戸市東灘区田中町1丁目12番3号
TEL:078−451−0309
JR摂津本山駅よりすぐ 
エニタイムフィットネス摂津本山店向かい) 
2Fの青い看板が目印です
 

posted by 山崎法務事務所 at 12:08| 食べ歩き