2022年05月06日

山陰海岸ジオパークの旅

昨年の春から夏にかけて湯村温泉へ行く予定がコロナの影響で断念せざるを得なかったので、今年はコースを変更して山陰海岸ジオパークの旅で楽しんできました。
山陰海岸ジオパークは山陰海岸国立公園を中心に、東は京都府京丹後市から西は鳥取県鳥取市まで、東西約120km、南北最大約30kmに渡ります。

1日目はまず、兵庫県の香住海岸エリアから。

今子浦は、傍にキャンプ場もある海水浴場です。
そこに、大きなかえるの形をした「かえる島」があります。
昔、北前船で航海に出た男たちが無事香住に帰る(かえる)ことを祈願したともいわれているそうです。
918.jpg

今子浦の駐車場から歩いてすぐの大引の鼻展望台から。
岡見公園859.jpg

岡見公園144.jpg


近くの岡見公園へ。山陰海岸公園の一部で「名勝」に指定されてます。
ここは眺望がすばらしく、夕日の沈むころは格別と言われていますが、残念ながら訪れたのはまだ昼間ですあせあせ(飛び散る汗) 曇り空でもありますが、それでも見ごたえのある風景でした目
岡見819.jpg 

岡見公園720.jpg



そのまま西へ進み、余部鉄橋へ。事故があってあまりにも有名だったので、一度行ってみたかった。
空の駅149.jpg

余部クリスタルタワーと呼ばれる全面ガラス張りのエレベーターで高さ41mの「空の駅」まで一気に上がることができますグッド(上向き矢印)
空の駅848.jpg

上がってみると、たまたま浜坂行の列車が入ってきたところでした電車
空の駅528.jpg

柵で通行止めになっていますが、以前の鉄橋が残されています。
明治45年に建設されてからコンクリート橋梁に架け替えられるまでの100年ほどの間、JR山陰本線を支えてきた鉄橋です。
空の駅433.jpg

一部、線路上を歩くことができるようになっている箇所もあります。
空の駅809.jpg


一日目は新鮮なお刺身が盛りだくさん食べれる浜坂温泉旅館魚と屋(ととや)にしました。
これ以外にも通常の会席料理があり、流石に全部は食べきれませんでした。
久しぶりに満足感が得られるコスパが最高の宿です。
ととや631.jpg


2日目、この旅のお目当てだった浦富海岸島めぐり小型船「うらどめ号」に乗船。
12人乗りの小さな船で、ライフジャケットを着用して乗り込みます。

結構なスピードで進みます。
うらどめ135.jpg

岩に触れられるほど近くに寄るので迫力がありました。
うらどめ830.jpg うらどめ123.jpg

本当に通れるのか?!と心配になるような所もスイスイ通り抜けます。
うらどめ040.jpg うらどめ900.jpg 

海の色がとてもきれいで、予想どおりの景観のよさは最高でした。
うらどめ939.jpg うらどめ346.jpg
うらどめ423.jpg

50分ほどの旅ですが、小型船の良さを満喫できるクルーズで今回の旅行目的をほぼ達成した気分になりました。


後は湯村温泉でぶらぶらして温泉に浸かります。
「夢千代像」は吉永小百合さん主演「夢千代日記」の舞台となった湯村温泉のシンボルだそうです。
夢千代像328.jpg

狭い温泉街ですが、川沿いの足湯は程よい賑わいでした。
足湯737.jpg

湯村温泉の源泉「荒湯」
98度の熱湯が毎分470リットルも湧出しており、卵や芋などをゆでる事ができます。
荒湯039.jpg


2泊目は天皇陛下が宿泊されたというだけに中庭がとっても素晴らしかった佳泉郷井づつやです。
IMG_20220424_154645.jpg

妻は、見た目がこぎれいなこちらの会席の方がよかったみたいです。
338.jpg



3日目、鳥取砂丘です。
この日が一番よく晴れて気持ちの良い気候でした晴れ 
砂丘937.jpg

ラクダが待っていてくれたので、乗らないという選択肢はありませんるんるん
ラクダは意外と揺れますが、乗り心地は悪くはなかったです。
らくだ952.jpg

らくだ729.jpg


直前までは天気予報では雨の日が多く、小型遊覧船の日程で随分と悩みましたが3日間ともよい天気に恵まれ山陰海岸ジオパークの旅を終えることができました。



位置情報山崎法務事務所
神戸市東灘区田中町1丁目12番3号
TEL:078−451−0309
JR摂津本山駅よりすぐ 
エニタイムフィットネス摂津本山店向かい) 
2Fの青い看板が目印です
 

 

posted by 山崎法務事務所 at 10:32| 旅行・おでかけ