2018年03月06日

牛田智大 オール・ショパン ピアノ・リサイタル @ザ・シンフォニーホール

幼い頃から大きなコンクールで受賞を重ね、日本人ピアニストとしては史上最年少でCDデビューした牛田智大さんひらめき
以前から一度彼の演奏を聴いてみたいと思っていたところ、この度ザ・シンフォニーホールでオールショパン ピアノ・リサイタルがありましたので行ってきました。

1.jpg

4.jpg

たくさんの人でざわついていたホールの照明が落ちて静かになったところへ燕尾服で登場した牛田さん。
お辞儀をしてピアノの前に座り、ひと息ついたところですぐピアノの音色が響き始めましたexclamation

夜想曲 第17番 ロ長調 op.62−1
スケルツォ 第2番 変ロ短調 op.31
バラード 第1番 ト短調 op.23
ポロネーズ第6番 変イ長調「英雄」op.53

〜休憩〜

24の前奏曲 op.28

どれも、繊細でありながら、若さ溢れる力強さをも感じさせられました。
特に、24の前奏曲は、曲を通して牛田さんの表情や感情の変化まで見えそうな、情感溢れる演奏でした。
欲を言えば、もう何曲かお聴きしたかったな・・・と思います。

一旦舞台袖に下がって、またすぐにアンコールで再登場。

すべてショパンで終わるのかと思いきや、アンコールはこの↓3曲で、また違った味わいを聴かせて頂くことができました。

6.jpg

最後までしっとりと弾き終えると、観客に手を振るようにして舞台袖に消えて行った牛田さん。
少しぐらいMCもあるのかなと期待していましたが、演奏に100%力を注がれたリサイタルでした。余分なことが一切ないところは以前行った玉置浩二さんのコンサートを思い起こさせました(笑)

2.jpg

牛田さんはまだまだお若いですので、演奏も、リサイタルの形式も変化していくことでしょう。
今後が楽しみなピアニストですわーい(嬉しい顔)




 

 

位置情報山崎法務事務所
神戸市東灘区田中町1丁目12番3号
TEL:078−451−0309

JR摂津本山駅よりすぐ 2Fの青い看板が目印です。
 


posted by 山崎法務事務所 at 11:02| ミュージック