2018年03月16日

花粉対策 鼻うがい

つい先日までダウンコートが手放せませんでしたが、急に暖かい日が多くなり、外出時には必需品だった手袋がマスクに代わりました晴れ

昨年の春、花粉のせいか黄砂のせいか、はたまたPM2.5とやらのせいなのか分かりませんが、喉と鼻の調子が最悪で、長期間に渡って耳鼻科に通い大量の薬を飲み続けるという辛い思いをしましたもうやだ〜(悲しい顔)
そこで、知人から「鼻うがい」というものがあり、一度試してみるといいよと言われたので人体実験パートUとしてやっていますひらめき

最初はツーンと痛そうなイメージで抵抗があった「鼻うがい」ですが、試してみると、痛みを感じることは全くありませんし、普通にうがいをしたり鼻をかんだりしたのとは比にならないほど鼻の奥まで冴えわたる感じで、今ではやらずに過ごせないぐらいですぴかぴか(新しい)
何かで、『鼻うがいをすると空気まで美味しい』と見たことがあるのですが、まさにその通りexclamationという感じです。ちなみにお酒も美味しくなります(笑)

鼻うがい用の洗浄液と容器がセットになったものもたくさん販売されていますが、私はこの写真の鼻うがい用の専用容器だけを購入して自作の生理食塩水でやっています。

IMG_20180314_194012.jpg

鼻うがい器(Waterpulse)の使い方

@0.9%の生理食塩水を作る
容器は300mlなので、ぬるま湯(体温と同じくらい)に2.7gの食塩を溶かす
A片方の鼻にノズルをあてがい底のボタンを押すと食塩水が入っていくので、もう片方の鼻から出るように鼻息をだす(エ〜という声を出すとやりやすい)
DF7dxExCQIGQ__UX970_TTW_.jpg


最初は準備も手間取るうえ、慣れないせいでうまく出せなくて周りにこぼれていましたが、2〜3日もすれば写真の女性のように反対の鼻から食塩水が出せるようになり、とても気軽にできるようになりましたわーい(嬉しい顔) 朝と晩、一日2回やっています。

鼻うがいのやり方は他にもいろいろあるようですが、まだお試しになったことのない方もご自身に合った方法を見つけて始めてみられてはいかがでしょうか。




位置情報山崎法務事務所
神戸市東灘区田中町1丁目12番3号
TEL:078−451−0309

電車JR摂津本山駅よりすぐ 2Fの青い看板が目印です。
 



posted by 山崎法務事務所 at 13:29| 日記