2018年04月06日

鬼頭流 〜絶対音感にチャレンジ♪ その32〜

絶対音感トレーニングの本を購入して読んでみましたわーい(嬉しい顔)

『新・絶対音感プログラム』全音楽譜出版社(江口寿子・江口彩子著)と『子供がどんどん賢くなる絶対音感の育て方』青春出版社(鬼頭敬子著)の2冊を読み比べてみました。
どちらも3和音をベースにして身につけていくという手法です。

江口式絶対音感プログラムは、1980年代頃より実践されており、既に1万人以上の生徒が絶対音感を身につけておられるという実績のあるトレーニングです。

一方、鬼頭流絶対音感メソッドは、2000年頃よりレッスンで導入され3000人以上の指導をされています。この本は昨年の4月に出版さればかりでこれから益々普及されそうです。
やり方については、本に書いてあるのですが、その説明でわかりにくいところがあったので、メールで問い合わせたところ丁寧に返事をいただきました。
ホームページを見てもとても熱心そうなので、私は鬼頭流を試してみることにしましたひらめき

IMG_20180215_120311.jpg

音が聴き分けられないと次に進めないので、どこまで出来るかハッキリとわかってよさそうですグッド(上向き矢印)

現在している音感トレーニングは
@ 鬼頭流絶対音感メソッドの活用
A 頭の中でイメージした音を声に出してみて、音名が正確に
   出ているかチューナーで確認する
   ⇒ 音色を覚えていないと正確な音を出せないので
      なかなか効果的である。
B ピアノレッスンの指の動きの練習の際には、音をしっかり
   聞きながら弾くように心掛けている





 

 

位置情報山崎法務事務所
神戸市東灘区田中町1丁目12番3号
TEL:078−451−0309

JR摂津本山駅よりすぐ 2Fの青い看板が目印です。
向かいにエニタイムフィットネス摂津本山店が近日OPENexclamation
 


posted by 山崎法務事務所 at 12:07| 絶対音感トレーニング