2018年12月10日

湯布院 離れ 龍のひげ

以前から一度行って見たかった湯布院に旅行することになりました。

湯布院と言えば大自然に囲まれた中にある離れの宿というイメージがあったので、それに見合う宿探しをしました。

当然浮かび上がるのが湯布院の御三家宿(玉の湯亀の井別荘山荘無量塔)ですが、それよりも新しいテイストがあり評判がよさそうなところがないか調べていて見つけたのが「離れ 龍のひげ」でした。
人気が高いために予約がほぼ埋まっており、11月で唯一空いていたのが18日(日)だけでした。

湯布院旅行はここ「離れ 龍のひげ」をメインにして、湯布院の街の散策の中に御三家宿(玉の湯、亀の井別荘、山荘無量塔)でのランチ又はカフェをするプランをたてました。

11月18日(日)5時に駅前で宿の方との待ち合わせになっていました。
その日の午前は鉄輪温泉で過ごし、午後に由布院に到着して4時から辻馬車による観光を楽しみました。
駅からは車で10分程で宿泊地である「龍のひげ 別邸ゆむた」に到着。

CIMG1846.JPG

うん、素敵な外観だ〜グッド(上向き矢印) これが草屋根の宿わーい(嬉しい顔)

階段を下ると入り口 

CIMG1845.JPG

チェックインを済ませてこの小径を案内されました。

CIMG1847.JPG

CIMG1842.JPG

離れ「つくし」というお部屋。部屋とは言っても離れなので、一軒の家みたいなものです家

CIMG1819.JPG

玄関を開けて一歩入ってみると、白基調の明るい雰囲気。

TVの横に並ぶ調度品。

CIMG1813.JPG

背後には空気清浄機とウオーターサーバー。

奥には和室があり、あらかじめ布団が敷かれていました。

CIMG1814.JPG

CIMG1822.JPG

テラスにも椅子とテーブルがセットされ、「由布岳」を眺めることができるようになっていました。

CIMG1852.JPG

CIMG1853.JPG

洗面所には化粧品セット等アメニティが一通り揃っています。

CIMG1812.JPG

CIMG1821.JPG

敷地内から湧出している自家源泉2本(「弱酸性」と「弱アルカリ性」の単純泉)を混合した温泉が源泉掛け流しで、ドアを開ければ半露天にもなります。

CIMG1839.JPG


離れは「古民家」のようでありながらモダンな造りになっていて、自宅で寛いでいるような、それでいてどこか懐かしさも感じるような、不思議な空間に思えました。落ち着いた時間がゆったりと流れてゆくとても心地よい雰囲気でした。

夕食は先ほどの小径を通って母屋の個室で頂きました。
美味しくいただくことに集中していたので写真は控えめであせあせ(飛び散る汗)

MX-2514FN_20181207_104331.jpg

CIMG1830.JPG

食事後は離れ「つくし」に戻って温泉に浸かってから和室でぐっすり眠い(睡眠)

朝、目が覚めると、夜中に降っていた雨もやみ、由布岳が一望できましたぴかぴか(新しい)

CIMG1834.JPG

CIMG1835.JPG

CIMG1836.JPG

CIMG1854.JPG

CIMG1855.JPG

昨日は到着が5時過ぎで敷地内もよく見えなかったので、周辺を散歩してみましたわーい(嬉しい顔)
敷地内は離れ 龍のひげ(一戸建ての離れが5棟)と別邸ゆむた(母屋と通路でつながった5室)に分かれています。
客室は全て趣の異なる造りになっているそうです。
正面が私たちがいる「つくし」、右手前にも階段がありそこを下ると「わらび」
CIMG1843.JPG

その奥にも小径があり「くぬぎ」 が見えます。

CIMG1848.JPG

右の道を下ると「かえで」が佇み

CIMG1849.JPG

母屋へ行く途中にも下り道があり、

CIMG1844.JPG

進むと「こごみ」を発見

CIMG1850.JPG

母屋の方へ目をやると別邸ゆむたへの通路がありました。

CIMG1851.JPG

食事の際に母屋から見た別邸ゆむたへの通路

CIMG1864.JPG

朝食は昨日と同じ母屋の個室にて。

CIMG1858.JPG

部屋、温泉、料理、おもてなし・・・全てが素晴らしく、大満足の宿で、ここに決めて正解でした。予約が取り辛いのも当然かも知れませんふらふら

宿への到着が5時すぎで、翌朝の9時半くらいには出発したので、滞在時間が短くて少し心残りだったなと思うほどの快適なお宿でしたひらめき




 

位置情報山崎法務事務所
神戸市東灘区田中町1丁目12番3号
TEL:078−451−0309
JR摂津本山駅よりすぐ 
エニタイムフィットネス摂津本山店向かい) 
2Fの青い看板が目印です
 




posted by 山崎法務事務所 at 15:00| 日記