2018年11月13日

坂本冬美さん特別公演@新歌舞伎座

坂本冬美 特別公演を観に新歌舞伎座へ行ってきましたわーい(嬉しい顔)

MX-2514FN_20181113_092440.jpg

2.jpg


第一部はお芝居『恋桜 −いま花明かり−』、第二部は『艶歌(うた)の桜道(はなみち)』と題する坂本冬美オンステージ。

1.jpg


第一部はお芝居ということもあり、これからご覧になる方にネタバレになるといけませんので詳しい内容を書くのは差し控えますが、友情出演の泉ピン子さんも独特の良い持ち味を出していらっしゃって、和やかな楽しい雰囲気でしたグッド(上向き矢印) また、舞台装置もなかなか見ごたえのあるものでした目

第二部のオンステージではお芝居とガラッと違う雰囲気で登場された冬美さん。二度の衣装替えをしながら10曲程度歌われたでしょうか。
曲ごとにさまざまな表情を見せて頂くことができましたぴかぴか(新しい)

それにしても、休憩を含めるとは言え、二部構成の3時間半。
これを3週間以上、一日2回公演とはすごいですねあせあせ(飛び散る汗)  まさに体力勝負ですが、千秋楽まで突っ走っていただきたいものです。

3.jpg

今回は3階席ということで舞台までは少し距離があったのですが、耳は舞台に向けつつも目は隣の『自称』坂本冬美似exclamation&questionの方に向けていましたので、冬美さんをより近くに感じることのできた3時間半でしたダッシュ(走り出すさま)





 

 

位置情報山崎法務事務所
神戸市東灘区田中町1丁目12番3号
TEL:078−451−0309
JR摂津本山駅よりすぐ 
エニタイムフィットネス摂津本山店向かい) 
2Fの青い看板が目印です
 

posted by 山崎法務事務所 at 11:01| ミュージック

2018年10月30日

夏川りみコンサート@姫路市文化センター

今年はどういうわけか、沖縄に縁があるひらめき
夏に大阪ビルボードでのビギンのコンサートへ行ったかと思えば、秋には姫路で夏川りみさんのコンサートと続けて沖縄色となりました。
ほんと、たまたまの偶然です。

10.jpg

せっかく姫路まで行くのだから、平成の大修理後にまだ行っていなかった姫路城に寄ってからコンサートに出かけることにしましたグッド(上向き矢印)

1.jpg

天気もよく、やはり雄大で美しい姫路城でした晴れ
城内を歩いていて目についたのが、AR(拡張現実)を活用したチェックポイント。新しい技術を導入している反面、以前は展示されていた刀、鎧等がほとんど置かれておらず見られなかったのがとても残念でしたもうやだ〜(悲しい顔)

2.jpg

3.jpg


2時間程で姫路城見学を終えて、JR姫路駅の南側に位置する姫路市文化センターへ移動。近くにスイスシャレーというカフェレストランがあったので、そこでランチレストラン

2時すぎに会場に入って1階の座席へ。座席は右端でしたが、前から6列目でバッチリよく見えるところでしたわーい(嬉しい顔)

4.jpg

8.jpg


2時半に開演して、まずは2頭による琉球獅子舞い。
その後、夏川りみさんが登場して、アカペラでアメージング・グレイスを歌い出して途中から伴奏が入るという演出。
キーボードは醍醐弘美さん、ギターは知念輝行さんが後方で演奏。
そして童神」「月ぬかいしゃと静かに聞き入る曲を披露。

続いてカバー曲」「コスモス
その後あしたの子守唄を歌い終わって、「次はわかる曲、るからさあ」と言われて拍手がわき起こりました。
期待どおりの涙そうそう。これを歌い終え、「この後、どうすんかって思っているんでしょ」とギャグがでると、会場からも笑いが出てましたわーい(嬉しい顔)

ゲスト出演「琉神」の6名も加わり、沖縄の曲で終盤に突入。
島唄を歌ったあとに、会場の皆さんに立ってもらって、「開けて、閉めて」とカチャーシーの練習をしてから安里屋ユンタ」「豊年音頭を「イヤサアー」と掛け声をかけながら、舞台と観客は一体となり歌い踊りました。

これで予定の10曲が終了したので、アンコール。
アンコールもオープニングと同じように6名の琉神による踊りで始まりました。
夏川りみさんが登場して、島人ぬ宝を熱唱。
2曲目はマイクより前に出てをマイクなしのアカペラで、2番からはマイクを通してのアカペラという演出でした。
6列目の席だったこともあり、マイクなしでも綺麗に聞こえる声には感動してしまいました揺れるハート 

1時間半のコンサートでしたが、静かな曲に始まり、カバー曲、ポップな曲、沖縄の曲と構成しており、沖縄の踊りで目を楽しませたり、最初と最後にアカペラを入れて耳を堪能させてくれる楽しめるコンサートでありました。


6.jpg




 

 

位置情報山崎法務事務所
神戸市東灘区田中町1丁目12番3号
TEL:078−451−0309
JR摂津本山駅よりすぐ 
エニタイムフィットネス摂津本山店向かい) 
2Fの青い看板が目印です
 

posted by 山崎法務事務所 at 10:54| ミュージック

2018年09月18日

一宮誠志さんミニ・コンサート@湊川隧道

湊川隧道で行われた一宮誠志さんによるアコースティックギターのミニ・コンサートに行ってきましたひらめき

1.jpg

3.jpg

湊川隧道は、明治34年に日本最初の河川トンネルとして誕生し、平成12年(2000)に新湊川トンネルの建設により役目を終えるまで、100年に渡って新湊川の水を流し続けました。
その後『近代土木遺産としての価値』が認められて保存されており、月1回のミニ・コンサートや年1回の通り抜けのイベントなどにも使われています。

10.jpg

4.jpg


コンサートは、全長670メートルのトンネルの中ほどで開催されました。100席用意された座席は満席で、立ち見の方もいらっしゃるほどでした。遠くは加古川や宝塚などからも来られていたようです。

照明もあまりなく薄暗い中、レンガ造りのトンネルはひんやりとしていて、より幻想的な雰囲気を醸し出していました。そんな中、ギターの音色がトンネル内の澄み渡るような空気に反響し、心地よく響いていましたぴかぴか(新しい)
9.jpg

コンサートの内容は今回はギターでしたが、歌やオカリナなど毎月変わりますし、通り抜けのイベントにも興味が湧きました。
また時間が合えば行ってみたいと思いますわーい(嬉しい顔)




 

 

位置情報山崎法務事務所
神戸市東灘区田中町1丁目12番3号
TEL:078−451−0309
JR摂津本山駅よりすぐ 
エニタイムフィットネス摂津本山店向かい) 
2Fの青い看板が目印です
 




posted by 山崎法務事務所 at 11:18| ミュージック

2018年07月24日

BIGINのライブ@大阪ビルボード

夏の始まりに相応しく7月22日にBIGINのライブを堪能してきました。

IMG_20180722_150741.jpg

オープニングは島袋さんのボーカルによる「海の声」。続いて上地さん、比嘉さんの歌へと流れていきましたるんるん

IMG_20180722_162321.jpg

音楽を聴きながら飲んだり食べたりしてライブを楽しむというビルボードのコンセプト。
今回はそれに合わせてBIGINのメンバーもアルコール補給しながらの公演でした。特に比嘉さんはよく飲んでいて、何度となく乾杯の音頭を取ってくれましたビール

また、BSプレミアムの終戦特集 ドラマ×マンガ「戦争めし」のエンディングテーマに決定したという新曲『飛んで火に入る腹の虫』も聴かせていただくことができましたぴかぴか(新しい)

終盤には、アンコールはなしということで、観客のリクエストに応えて「笑顔のまんま」を熱唱すると、会場内のボルテージは最高潮にグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

約1時間半の1st ステージもあっという間に終了して、会場の出口で
頂いたオリジナルグッズひらめき

IMG_20180722_181439.jpg

BIGINさんたちが2ndステージをしている頃、我々は同じハービスの7FにあるXEX WESTで2ndステージを満喫して帰宅してきましたわーい(嬉しい顔)


IMG_20180722_185809.jpg

xex.jpg






 

 

位置情報山崎法務事務所
神戸市東灘区田中町1丁目12番3号
TEL:078−451−0309
JR摂津本山駅よりすぐ 
エニタイムフィットネス摂津本山店向かい) 
2Fの青い看板が目印です
 

posted by 山崎法務事務所 at 10:53| ミュージック

2018年03月06日

牛田智大 オール・ショパン ピアノ・リサイタル @ザ・シンフォニーホール

幼い頃から大きなコンクールで受賞を重ね、日本人ピアニストとしては史上最年少でCDデビューした牛田智大さんひらめき
以前から一度彼の演奏を聴いてみたいと思っていたところ、この度ザ・シンフォニーホールでオールショパン ピアノ・リサイタルがありましたので行ってきました。

1.jpg

4.jpg

たくさんの人でざわついていたホールの照明が落ちて静かになったところへ燕尾服で登場した牛田さん。
お辞儀をしてピアノの前に座り、ひと息ついたところですぐピアノの音色が響き始めましたexclamation

夜想曲 第17番 ロ長調 op.62−1
スケルツォ 第2番 変ロ短調 op.31
バラード 第1番 ト短調 op.23
ポロネーズ第6番 変イ長調「英雄」op.53

〜休憩〜

24の前奏曲 op.28

どれも、繊細でありながら、若さ溢れる力強さをも感じさせられました。
特に、24の前奏曲は、曲を通して牛田さんの表情や感情の変化まで見えそうな、情感溢れる演奏でした。
欲を言えば、もう何曲かお聴きしたかったな・・・と思います。

一旦舞台袖に下がって、またすぐにアンコールで再登場。

すべてショパンで終わるのかと思いきや、アンコールはこの↓3曲で、また違った味わいを聴かせて頂くことができました。

6.jpg

最後までしっとりと弾き終えると、観客に手を振るようにして舞台袖に消えて行った牛田さん。
少しぐらいMCもあるのかなと期待していましたが、演奏に100%力を注がれたリサイタルでした。余分なことが一切ないところは以前行った玉置浩二さんのコンサートを思い起こさせました(笑)

2.jpg

牛田さんはまだまだお若いですので、演奏も、リサイタルの形式も変化していくことでしょう。
今後が楽しみなピアニストですわーい(嬉しい顔)




 

 

位置情報山崎法務事務所
神戸市東灘区田中町1丁目12番3号
TEL:078−451−0309

JR摂津本山駅よりすぐ 2Fの青い看板が目印です。
 


posted by 山崎法務事務所 at 11:02| ミュージック